2017DRAG仕様RISING S30Z製作途中記

RISING(東京)

あのRISINGが、NEWマシンを製作中
そのこだわりと、製作途中ならではの状況を取材
やっぱりRISINGは、あのRISINGでした!!




RISINGの伊藤さんから、S30Zを製作中だという連絡をもらったのは、
今年のはじめだった。塗装に出すために、一度装着した部品をすべて外し、
ドンガラの状態になっているというので、出かけてみた。

何故S30Zなんだろう? どうして、いまなんだろう?
以前、雑誌の誌面上で、ボロボロのS30Zに、フルインジェクションの
L型を搭載したのを見たことがあったけど、あれは、RISINGじゃなかった。
CARBOY時代に取材したRISINGは、いつもスタイリッシュで、斜め方向の
カッコよさに満ち溢れていた。そんな伊藤さんが、仙台ハイランドがなくなった
いま、そして、ストックボディのS30Z……なんなんだろう? そう思っていた。

結論から言うと、RISINGは、RISINGだった。
久しぶりに訪れたRISINGガレージの右側部分に、クルマをぐるぐると回転させる俗称バーベキュー台に、そのS30Zはセットされていた。

「ボディの補強をするのに、このバーベキュー台は必要でしたし、なによりも、
ボディの底面まで、外装色で塗りたいんですよ!」

わかるヒトにはわかっていただけると思うが、ボディ底面を、外装色に
塗るというのは、非常に面倒な作業であるとともに、どうしてそんなことを
しなくちゃいけないんだ?ということでもある。

サスペンションを付けて、エンジンを搭載して、タイヤを履かせて、路上に置いたとしよう。殆どの人間は、外観を見て、「きれいなZですねぇ」とか、「こだわりがありますね」といった、一般的な褒め言葉を並べてくれるだろう。でも、誰も、
というか、ほとんどのヒトは、ボディ底面の色だとか、そういうものは見ない。

だから、RISINGなのだ。これまで作ってきた部品、クルマ、エンジンルーム、どれもが、他とは異なっていた。そして、その相違の根源は、伊藤さん独自の美意識にある。

ある夏の日に、伊藤さんと会ったことがある。普通のTシャツに、Gパン&ワークブーツ姿だった。だけど、普通のTシャツの首まわりのセンター部分にハサミが入っていた。4cmほどだろうか。そのひとつの切込みがあることで、普通のTシャツは、普通じゃなくなっていた。

「伊藤さん、そのTシャツの切込み、いいですね。選択したらホチけてきそうだけど、それがあるだけで……いいね」
そう言ったら……。
「いやぁ、カミさんが、切ったんですよ。ブチンッて(笑)」

これが、RISINGなのだと思う。

上の写真を見ていただきたい。RISINGオリジナルのインジェクション用の
スロットルボディに、テーパーのつけられた長いマニホールドがセットされている。
こいつが、今回製作しているS30Zに装着される。機能を追求すれば、
機能美というものが生まれる。しかしながら、機能だけを追い求めていては、
機能美以上のものは生み出せない。金属を切削するエンドミルの選択や、
加工工程を見直すことによって、当初から機能美以上のものを求めていく。
その結果が、上のスロットルボディであり、テーパーがつけられたマニホールドである。
フランジ面の薄さも、ひとつの魅力だと思う。

目標重量は900kg以下。
L型メカチューンのフルインジェクション駆動。
現在、ストックボディベースのL型の最高タイムを更新する。

この目標のために、もともとは錆だらけだった(?)S30Zは、
徹底的な軽量化を施され、装着するパーツに合わせて、
目立たない部分が相当にモディファイされていた。

 


制御はMoTeCのM600。既存の配線をすべて撤去し、新たにレーシング配線を
引き直すわけだが、ECU本体の隣りにある、黒いボックスには、プラス配線をバッテリーから引いたら、そこからすべての配線をセットすることが可能。
この小さなボックスの中に、リレーやヒューズ的なものが全て内包されている。

ここまで話を聞いてきて、なぜS30Z?という疑問が、少しずつ解けてきた。

ストックボディを大胆改造したサニーのドラッグ仕様に始まって、あのパイプフレームのRISINGサニー、そしてターボ化、別のマシンでのターボドラッグ製作ときたRISINGが、新しいS30Zの姿を求めているんじゃないか?

形はS30Zだけど、それはRISING Zなんじゃないか?

ちょっとわかりにくい話だと思うが、なんとなく、そういう気配がある。
パイプフレームボディを作る際に、外装は一般市販車の形状を使用する。
まったく違ったクルマではなく、自分が乗っている、あるいは知っている
外装にすることで、親しみもわくし、安心感もある。

だけど、ストックボディをベースに、別のクルマを作り上げるというのは、
これまでになかった試みなのだと思う。例えば、S30Zをベースにして、RB26DETTや1JZ、SR20DETといったエンジンとATをスワップし、エアコン等の設備も移植する……言ってみれば、S30Zという古臭いクルマを、現代風にモディファイするという手法があるが、それを更に進めて、L型エンジンを使いながら、フルインジェクション化して、ボディ重量を軽減し、最新のコントロールシステムや配線を与えてみたら? それだけでなく、ボディ剛性の弱いS30Zを強化し、最新のサスペンションとブレーキシステムを装備すれば?

つまりは、RISING Zというクルマは、S30Zというボディ形状を借りた、
新しいクルマを作るという試みなのでは?と思うのだ。

 

上の写真を見ていただきたい。エンジンルーム側は黒く、ボディ側は白く塗装の下処理を施されている。しかしながら、ノーマルのS30Zとは異なった部分がある。ホコリにまみれた部分を手で触ったあとがあるが、その部分あたりは、ノーマルのS30Zでは、凸凹しているはず。ブレーキやクラッチ関連のパーツの逃げを設けるために、タイヤハウスは凸凹に整形されているのだが、それがタイヤなりにスムーズな曲面に整形し直されている。

 

反対側も同様に、バッテリーの逃げもなくされている。バルクヘッドが直接見えるような形になっていて、エンジンルーム内に存在するのは、エンジンとその周りの直接的な補機類や配線&配管のみになる予定だ。

 

室内も、余計なものは全て取り外され、
こちらにはドライカーボン製のダッシュパネルがセットされる。


室内も、余計なものは全て取り外され、こちらにはドライカーボン製の
ダッシュパネルがセットされる。
ペダルシステムは、床にセットするTilton製が採用され、
ダッシュパネルをボディにセットするステーも、RISINGオリジナルの超軽量タイプ。


このダッシュボードステーを見て、びっくりした。細いパイプを組み合わせて、
超軽量であると同時に、薄板をバーリング加工したものを使って、きれいな補強が施されている。この手法は、RISINGサニーの各所に見られるもので、伊藤さんが独自に考えだしたものだという。

「ただね、この20年ほど、エンジンばっかりやってたんで、
溶接の腕がなまってたんですよ。新しい溶接機を入れて、
とにかく溶接ばっかりやって、カンを取り戻すまでに、ずいぶんかかりましたよ(笑)」

 



フルインジェクションのL型に組み合わせるミッションは、
ジェリコのエアーシフター……ここまでくると、
さきほど言ったように、S30Zというボディを借りた
新しいクルマの姿が見えてくる。要するに、レーシングDragマシンなのだ。

だから、RISINGサニーを作っているときと同じ感覚で、
ストックボディをモディファイしていると考えればいいだろう。
ちなみに、RISINGサニーは伊藤さんともうひとりの二人だけで作り上げたという。

 

取材後、塗装から上がってきた状態の写真を
送ってもらった。艶のあるレッドと、ブラックのツートンに
塗装されたRISING Zの組付けが、もうすぐ始まる!!



塗装を待っている間に、搭載するエンジンの整備を行った。

ベースとなるのは、RISINGサニーに搭載されていたもの。
もう10数年前に降ろしたきり、そのまま保管されていたものだが、
内部の状態をチェックしてみると、ほとんどOK。

ただし、バルブスプリングは、押された状態のまま放置されていたので、
張力が劣化していたものがあった。これは、交換。
その他の部分は、ほとんど問題がないので(というか、RISINGサニーに搭載されていた頃から、エンジントラブルというのは、殆どなかった)、
最新の6連スロットルシステムとドッキングして、MoTeC駆動される。

 

 

 

伊藤さんから送ってもらった写真の中に、ブロックの写真があった。
メインジャーナルの左下方にノーマルでは見かけない『穴』が開けられている。
これは、駆動時にブロック内の内圧を降下させるために設けられたもの。
多分、何食わぬ顔で、この一枚を混ぜ込んで、藤本が気づくかどうか?
覚えてるのか?とこっそり楽しんでいるのではないかと思う(笑)

そうです。この『穴』の件で、CARBOY時代に一本取材しましたね(笑)

とまあ、それはどっちでもいい話ですが、以上のように、バラバラの部品と、
ボディに施された加工箇所を見ていくうちに、RISINGの狙いが、
うっすらとではあるが読めてきたようなきがする。
伊藤さんが意識しているかどうかは別として、
前述したように、S30Zというストックのボディを借りた
RISING流のマシン製作術。極端なことを言ってしまえば、
S30Zだろうが、なんでもよかったのかもしれない。


出来上がるのはBUILD by RISINGということなのだから。

 

下のビデオは、「CARBOY2017」というタイトルで、
FRESH!アメーバ を通じてインターネット放映されたもののです。
また、そのアーカイブを、Youtubeにアップしたものです。
他にもイロイロと作っていきますので、
よろしくご支援くださいませ。
Flash Playerが入っていないAndroid端末の場合は、
上の動画を見ることができませんので、下記をクリックして
Youtubeで見ていただけますよう、お願い致します。





RISING
〒192-0151 東京都八王子市上川町3515
Tel 042-652-9449


http://www.rising-web.jp/



■ これまでのRISINGによるエンジン開発の履歴 ■

  新展開…… L型用インジェクションスロットルSYSTEM
 

CARBOY2000年11月掲載…… RB26改29ハイデッキ

  CARBOY2005年3月掲載…… RB26改RVCSシステムSTEP 1
  CARBOY2006年5月掲載…… RB26改RVCSシステムSTEP 2
  CARBOY2006年5月掲載…… RB26改RVCSシステムSTEP 3
  CARBOY2006年5月掲載…… RB26改RVCSシステムSTEP 4
  2017取材…… RB26改RVCSシステム2017の状況変化
  2017取材…… DRAG仕様RISING S30Z製作途中記
   
↑できるだけ、いろんな方に見ていただきたいので、
よろしかったら、お願いします。


TOPへ戻る

↑イロイロな記事がありますので、
Contentsページをご覧になってくださいませ!

 



シェア
できるだけ、いろんな方に見ていただきたいので、
よろしかったら、シェアしていただければ幸いです。


TOPへ戻る