http://car.boy.jp/01index/main.html



 


サ、サイドブレーキ……どこですか? 

村尾真吾(東京)

ドリコンGPの優勝賞品は
レーシングスクール入学権利?

 

村尾と言えば『サイドブレーキ』である。

それも、「150km/hからの根性SIDO」である。

いまなら、当たり前かもしれない。
ドリフトが上手いドライバーなら、ためらわず引けるだろう。

だが、最初にやるということは、まったく違う意味を持っている。

大層な話をすれば、人間が2本足歩行を始め、
海辺で見つけたナマコを、食べようとしたヤツがいる。
雲丹の殻を割って、中身を試食したやつがいる。
西洋では悪魔と言われるタコを茹でて食べたやつもいる。

最初は……その場にいた全員が「無理っ!」と言ったはず。
だけど、最初におそるおそる食べたやつが、「なにこれ、ウマッ!」と
言ったあとから、芋づる式に手を伸ばしたはずなのだ。

ただし、その結果、命を落としたやつもいるだろうし、
半身不随になったやつは、いないか(笑)

チャレンジ精神というのは大切なものだけど、
元も子もなくす可能性も秘めている。
言ってみれば諸刃の刃であります。

その諸刃の刃を、最初に振るったヤツが、村尾だった。

 

その結果として、念願のグランドチャンピオンを獲得し、
その年のご褒美である『ボブボンデュラントレーシングスクール』に
短期留学したわけです。
このとき、同席していたのは、ラッセル小林、パープル横田、カラフル中井。

生まれて初めて、フォーミュラマシンのコクピットに収まった4人だったが、
そのうちのひとり、村尾がなんとか言っている。

「さ、サ、サイド……」

「????」

「サイドブレーキって、どこに付いてるんっすか?」

……村尾……であります。

といっても、藤本は現地で聞いたわけじゃありません。
川崎くんか、深田くんが同行したので、聞き書きでございます。

 

 

で、その後、フォーミュラを使って、いろんな講習があったそうですが、
フリーで走り始めたら……。

いつのまにか、村尾がコースレコードを更新してしまいました。

それを聞いた、講師の先生が、「ナヌッ? そんなことは許しましぇん」と
コースインして、村尾の叩き出したタイムを更新。

その先生が走り終わるのを待っていた村尾は、
「……何秒?」と聞いて、再度コースイン。

で、結局、ムキになった先生が更新したタイムを、更に更新。

いやあ、怖いもの知らずというのは、異様な力を発揮するもんです(笑)

帰ってきて、その様子を聞いた藤本は大笑い。
カンラ、カンラッ!と高笑いしました。

「さすが、村尾!」

サイドブレーキを探していた入門者が、コースレコード更新。
ボブボンデュラントも、びっくらこいたことでしょう。

というわけで、『村尾伝説』のご紹介でした。

 



■ Human being Link ■


↑できるだけ、いろんな方に見ていただきたいので、
よろしかったら、お願いします。


TOPへ戻る